遺言と異なる遺産分割をすることもできます

遺言とは、遺言者が死亡後、自分の財産の処分や債務の処理のしかたについて
指示するもので、相続人らは、この遺言に従うことが期待されています。

しかし、民法では、相続や遺贈について、それぞれ放棄することが認められています。

ですから、常に遺言どおりの処分がされるとは限りません。財産を受け取るべき
人が、なんらかの理由で拒絶すれば、無理強いすることはできなためです。

民法では、遺言により財産をもらう人は、遺言者の死亡後いつでも遺贈を
放棄することができると規定しています。

遺贈の放棄があれば、その遺言は最初からなかったものとされますから、
その遺産について、共同相続人全員の遺産分割協議でどのように分割するのか
きめます。

また、この遺贈の放棄は相続の応期とは異なります。遺贈とはあくまで、遺言により
財産を贈与することをさします。
つまり、遺贈を放棄したからといって、相続放棄をしたことにはならず、
遺贈を放棄した相続人も、遺産分割協議に加わり遺産相続をすることが出来ます。

«
»