任意売却と競売の違いについて

任意売却と競売の違いを説明しましょう。
持ち家(不動産)を強制的に売却されるのが「競売」で、自主的に売るのが「任意売却」ではありません。

競売のデメリットは相場よりも安い価格で売られてしまうことです。
市価の2割から4割減で売られ、より多くの残債務が残ります。
任意売却では不動産会社への仲介手数料・抵当権抹消費用等の
通常不動産を売却する際支払わなければならない費用が債権者より支払われます。
競売と任意売却のどちらも、手出しでの費用負担はありませんが、引っ越し代については競売の場合出してもらえる見込みが薄いのに対し、
任意売却では出してもらえる可能性が高いです。
競売の場合は極端な話、債務者が何もせずとも事は進んでいきますが任意売却の場合は債権者との交渉や買取希望者との面談、各種手続きなどの手間がかかります。
また購入希望者の内覧などにも対応しなければなりません。
任意売却をする場合には信頼できる任意売却専門業者の力を借りるべきです。
また、銀行や信用金庫などの金融機関によっては任意売却を認めてくれない場合があります。
任意売却と競売では売却価格の差が大きいので、必然的に売却後の残債も、任意売却の方が競売より少なくなります。
その残債も、任意売却では月々返済できる範囲での分割払いを債権者に交渉できますが、競売の場合は一括返済を求められます。

«
»