相続人は誰か?

亡くなられた方(被相続人)が
遺言を残していない場合、相続人の範囲と順位が
民法によって定められています。

民法で定められている相続人のことを
「法定相続人」といいます。
では「法定相続人」とは誰か?
またその順位とは?

被相続人の配偶者は必ず相続人となります。
配偶者とは、被相続人と法律上、
婚姻関係にあるもので、
夫からみた妻、妻からみた夫のことです。

配偶者以外には以下に記載する順位の
上のものが優先して相続人となります。

第1順位:被相続人の子供
第2順位:被相続人の父母
第3順位:被相続人の兄弟姉妹

上位から優先して相続人となりますので、
被相続人にお子様がいらっしゃる場合、
お父様、お母様は相続人とはなりません。

被相続人の子供には、実子はもちろん、
養子も含まれます。
法律上、婚姻関係にないものとの間の子も、
認知されていれば相続人となります。

子供が残念ながら先に亡くなられている場合、
もしお孫さんがいらっしゃったら、
子供ではなくて孫が第1順位になります。
孫もなくなっている場合は、ひ孫と、
第1順位の相続人が下へ続きます。

相続人の方が亡くなられている場合、
複雑な法定相続人の
相関図になることもあります。

早い段階で、相続人を知っておくということも、
大切なことかもしれません。

«
»