遺産分割について知っておくべきこと

人が亡くなると相続が発生します。相続が発生すると、亡くなった人の財産は当然に相続人に移転します。その時に複数の相続人がいると、亡くなった人の財産は相続人全員の共有状態になります。

遺産分割とは、このような相続人全員による遺産の共有状態を、最終的に誰が単独で取得するのかを決めることです。もちろん協議の結果、相続人全員の共有としても、問題ありません。

また、遺産分割を行う時期に決まりはありません。ただし、遺産分割がされなければ、何年たっても相続人全員の共有のままです。遺産分割をしないまま、放置しておくと、次の世代の人が多大な労力や費用を費やすことになる可能性もあります。

遺産分割は、亡くなった方の遺言があれば、遺言の内容に従って、遺産を分割します。遺言がない場合には、相続人全員で遺産分割協議をし、財産の取得者を決めます。この協議がまとまらない場合(不在者がいる場合,話し合いに応じない場合等)には、管轄の家庭裁判所に「遺産分割調停」を申立て、家庭裁判所を介して遺産分割協議を行ないます。それでもまだ、まとまらない場合には、家庭裁判所が「審判」による分割を行ないます。それでも納得の行かない場合は、審判に不服を申立て、裁判となります。ここまでもめるケースはまれでしょうが、方法としては、このような遺産分割の方法が定められています。

遺産の相続の手続を川崎からスムーズにお手伝いする
遺産分割は、相続時に遡及して効力を生じます。
亡くなった人の財産は、相続開始と同時に遺産分割によって取得する事となった相続人に直接移転したことになります。

«
»