やはり気になる相続税のこと

基礎控除額が変わり相続税に注意が必要です

不動産をお持ちのご家庭、またお子さんが少ないご家庭だと相続税の申告が必要になるかもしれません。

新しい年2015年が明けましたね。インフルエンザが猛威を振るっていますので、手洗いうがいをし、ウイルスに負けない体力づくりをしましょう。
“基礎控除額が変わり相続税に注意が必要です” の詳細は »

保険と相続税の非課税の限度額をわかりましょう

相続人以外の人が取得した死亡保険金には非課税の適用はありません

被相続人の死亡によって取得した生命保険金や損害保険金。

その保険料の全部又は一部を被相続人が負担していたものは、相続税の課税対象とされています。
この死亡保険金の受取人が相続人である場合、すべての相続人が、受け取った保険金の合計額が算式によって計算した非課税限度額を超えるとき、その超える部分が相続税の課税対象になります。
“保険と相続税の非課税の限度額をわかりましょう” の詳細は »

こうやって相続用の農地の評価はされる

相続において、市街地周辺農地は、その農地が市街地農地であるとした場合の価額の80%に相当する金額によって評価されます。

農地の区分次の4種類に区分されます。
1)純農地 2)中間農地 3)市街地周辺農地 4)市街地農地
純農地および中間農地の評価についてまず述べていきます。
“こうやって相続用の農地の評価はされる” の詳細は »

特別に定められている相続税の課税計算がある

特例の適用を受けるには相続税の申告書に記載が必要となります。宅地利用状況、区分に応じて減額されることもあります。

相続税の課税価格計算例
(小規模宅地)

土地は一番の財産と思われる方も多いでしょう。
ただし税額、評価額など様々な内容が出てくるのも事実。
“特別に定められている相続税の課税計算がある” の詳細は »

相続で資産を上手に渡そう

それまでは仲の良かった家族が、相続問題でバラバラになるケースも珍しくありません。

民法第5編によれば、相続は「死亡」により開始されます。
相続は、死亡した人の所有していた財産だけでなく借金などの義務も含め、法律で定められた「法定相続人」が引き継ぐこととなります。財産を残す人が「被相続人」となり、その配偶者や子供などが「相続人」となるのが一般的です。
“相続で資産を上手に渡そう” の詳細は »