相続税とはどんな税金なのでしょう

相続は財産を引き継ぐというニュアンスから、土地や預金などの財産、言い換えればプラス財産だけを引き継ぐことのように聞こえますが、 土地や預金などのプラス財産だけでなく、借金などのマイナス財産も等しく引き継ぐことになります。

相続とは、亡くなった人の財産を親族などが引き継ぐことですが、
この引き継いだ財産にかけられる税金を相続税といいます。
なぜ、亡くなった人の財産を引き継ぐと税金がかかるのでしょうか。
“相続税とはどんな税金なのでしょう” の詳細は »

どのような場合に信用保証機関に載るのでしょうか?

過払い金請求を行った場合もブラックリストに登録される」と思われていますが、過払い金に限っては対象外とされています

一体どんなことをすればブラックリストに載るのでしょうか?
実際にはブラックリストなる一覧リストや名簿のようなものが存在するのではありません。
“どのような場合に信用保証機関に載るのでしょうか?” の詳細は »

遺言は公正証書遺言で作成することをお勧めします

公正証書遺言は、作成する時には少し負担がありますが、いざ遺言を使って相続手続きをする際には、相続人の負担は一番少なく手続きがスムーズにできます。

遺言には幾つか種類があります。そのなかでもお勧めしたいのが公正証書遺言です。
“遺言は公正証書遺言で作成することをお勧めします” の詳細は »

遺言と異なる遺産分割をすることもできます

遺言書があったとしても、相続人及び受遺者間で話がまとまれば、あえて遺言と異なる 分割をすることも可能です。

遺言とは、遺言者が死亡後、自分の財産の処分や債務の処理のしかたについて
指示するもので、相続人らは、この遺言に従うことが期待されています。
“遺言と異なる遺産分割をすることもできます” の詳細は »

相続人で話合い、遺産分割協議を成立させます

遺産分割協議は、相続人のうち一人でも反対すれば成立しません。協議成立には全員の一致が必要です。 また、一部の相続人を除外してなされた遺産分割は無効です。

民法では、分割協議は「遺産に属する物や権利の種類と性質、
または各相続人の年齢・職業などの一切の事情を考慮するよう」定めています。
“相続人で話合い、遺産分割協議を成立させます” の詳細は »

遺言を書く際は遺留分に注意しましょう!

遺留分というものが民法上認められています。そのため、遺言を書く際には、遺留分に気をつけて書く必要があります。

自身の財産を、自分の死後どのように分けて欲しいという
希望をかなえてくれるのが「遺言」です。
“遺言を書く際は遺留分に注意しましょう!” の詳細は »

任意売却と競売の違いについて

任意売却と競売では売却価格の差が大きいので、売却後の残債は任意売却の方が競売より少なくなります。

任意売却と競売の違いを説明しましょう。
持ち家(不動産)を強制的に売却されるのが「競売」で、自主的に売るのが「任意売却」ではありません。
“任意売却と競売の違いについて” の詳細は »

« 過去の記事