簡単な申請でお金がもらえる手続きもある

相続手続きと名のつく手続きは膨大にありますが、その中には、簡単な申請によってお金がもらえる手続きもあります。こういった手続きは忘れずに行いたいですね。

親族が亡くなり、バタバタと葬儀の準備に追われ、ようやく葬儀を終えたと思ったら、
次にやってくるのが相続手続きです。
“簡単な申請でお金がもらえる手続きもある” の詳細は »

実は土地の価格はひとつではありません

土地の価格といっても実際にはさまざまな算出方法によりいくつもの価格があります。

相続財産というと預貯金など様々なものがありますが、実はその
ほとんどは土地や建物の不動産といわれています。

“実は土地の価格はひとつではありません” の詳細は »

相続税は、相続する方がどなたかによって税額がかわる。

相続税は、受け取った方が受け取った分の割合で納税することとなります。

夫婦の財産は、2人で築きあげたものです。
夫名義のものも、実質的には、半分は妻のものと考えられています。


“相続税は、相続する方がどなたかによって税額がかわる。” の詳細は »

遺産分割が終了した後に遺言書を発見したら

遺産分割協議後に見つかった遺言のとおりに相続をするのかは相続人間で話し合いが必要です。

遺産分割協議を行い、協議がまとまった後に遺言が見つかるというケースが
意外にあるようです。

“遺産分割が終了した後に遺言書を発見したら” の詳細は »

任意売却と競売の違いは何でしょうか?

住宅ローンが払えなくなっても住宅は手放したくないとお考えの時にはすぐにでも専門家に相談しましょう

住宅ローンなどの融資を受けて家を購入している場合、
住宅ローンが払えなくなってしまった時に、
融資を受けた金融機関との合意に基づいて、
家を売却する手続きのことを任意売却といいます。
“任意売却と競売の違いは何でしょうか?” の詳細は »

破産した会社に過払金請求はできますか

会社が破産するときは全ての債務を負債という形で清算しますので、負債の一種である過払い金は取り戻すことができなくなってしまうのです。

過払い金請求をしようと思っていたら、多くの利用者が過払い金請求を行ったために会社が倒産していたということがあります。
運営していた消費者金融業者が破たんしてしまったら過払い金の請求をすることが出来なくなります。
“破産した会社に過払金請求はできますか” の詳細は »

被相続人の債務は相続人全員が引き継ぐものとなっています。

マイナスの財産は各相続人の相続分に応じて継承されますので全員に返済義務があります。

被相続人に債務があった場合には、相続人がこの債務を引継ぎ返済して
ことになります。
“被相続人の債務は相続人全員が引き継ぐものとなっています。” の詳細は »

裁判所から届く特別送達とは何でしょうか

特別送達は裁判所などから送られてくる大切な書類なので、受け取った場合は早急に対応する必要があります。

裁判所から特別送達が届いたらどうしたらよいのでしょうか。
特別送達とは裁判所などの公的機関が文書を送達するために使われる郵便物です。
“裁判所から届く特別送達とは何でしょうか” の詳細は »

相続手続きの中には時効もあります

相続手続きの中には何もせずに放っておくと一定の期間経過後には自分の権利が失われてしまうものがあります。

時効とは一定の期間が過ぎてしまった時に自分の権利を失うこと、自分の主張が認められなくな
ることをいいます。相続においても、発生後に何もしなければ時効になる可能性があることがあります。

“相続手続きの中には時効もあります” の詳細は »

もしも支払いが延滞してしまったら

「約定支払日までに入金がされなかった」ということが延滞の定義であり、たった1日の遅れでも延滞と見なされるのです。

もしもクレジットカードの支払いを延滞した場合はどうすれば良いのでしょうか?
延滞をするとその延滞したクレジット会社の内部情報として残るだけにとどまらず、
第三者機関である個人信用情報機関に、延滞の事実が掲載されることがあります。
“もしも支払いが延滞してしまったら” の詳細は »

« 過去の記事